Homeスポンサー広告未分類>聞い得☆NO.10~貧血予防!~ (脚やせ専門エステ リフィート川越店)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tue2015.09.15

聞い得☆NO.10~貧血予防!~ (脚やせ専門エステ リフィート川越店)


皆様こんにちは
リフィート川越店平栗です( /ω)


ではさっそくコーナーいっちゃいます




今週の聞い得~NO.10~ は~


「季節の変わり目は、貧血予防
をして体調を整えよう!」



皆様は、疲れやすい朝起きるのがツライ
めまいなどの体調不良はありませんか
今回は貧血についてのお話です


貧血と低血圧の違い
------------------------------
貧血低血圧と間違う方も多くいらっしゃいます
朝が弱く、早起きが苦手な方が、
「低血圧だから」とか「貧血だから」と言うのをよく聞きます
確かにふらふらしたり、めまいや立ちくらみを起こすので
症状は似ていますが、貧血低血圧はまったく関係がありません

一般的に貧血とは血液が薄くなっている状態、
正確には身体の中の酸素を運ぶヘモグロビンの量が
減少している状態のことを言います

それに対し、低血圧は、心臓から押し出された血液が
血管の壁を内側から押す力が弱くなっている状態であり
(急に立ち上がったり、立ち続けることで血圧が低下し
めまいや立ちくらみが起きる、
一過性の起立性低血圧と呼ぶことがあります。)

貧血低血圧は全く違う病態です



貧血とは
----------------
貧血の原因で最も多いのは、
ヘモグロビンの重要な材料のひとつである鉄分が不足することによる
鉄欠乏性貧血です
ヘモグロビンは、身体中に酸素を運ぶ働きをしているため、
ヘモグロビンが減少すると全身が酸素不足になります
その結果、疲れやすい、めまい、動悸、息切れ、立ちくらみ、
頭痛、時に心不全
などの症状があらわれます

過度なダイエットをおこなったり、加工食品やインスタント食品、
スナック菓子ばかりを食べて栄養が偏ってしまうこと
で、
へモグロビンを作るために貯蔵してある鉄分が不足し、
血液中の鉄分も減ってしまいます

このように食生活が偏っていると貧血になりやすくなります



貧血予防と対策
----------------------
毎食、主食・主菜・副菜などを組み合わせ、
栄養素をバランスよく摂るようにしましょう

・主食:炭水化物を多く含む食品(ご飯・パン・めん類など)
・主菜:良質たんぱく質を多く含む食品(魚介類・肉類・卵・大豆製品など)
・副菜:ビタミン・ミネラルを多く含む食品(野菜類・海藻類など)
・その他:乳製品・果物類を適量とりましょう



たんぱく質は、血液中の赤血球やヘモグロビンの材料となる
大切な栄養素です
良質なたんぱく質を含む食品とは、
魚介類、肉類、卵、大豆製品、乳製品などです

一度にたくさんとっても身体の中に貯めておくことはできないため、
毎食主菜に取り入れて食べるようにしましょう


1日3食の食事を心がけ、できるだけ色々な食品から
バランスよく栄養をとるように心がけましょう
もちろん睡眠もしっかりとってくださいね
体調を万全にし、毎日元気に過ごしましょう







■□━≪脚やせカウンセリング実施中!≫━■□
今なら、初回限定!!
「脚やせカウンセリング」を無料で実施中

脚が細くならない原因がその場で分かります!!

www.ashiyase.jp/reserved
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

www.ashiyase.jp/reserved

☆★家ですぐに「脚やせ」したい人専用★☆
お風呂で塗って1分おくだけ!
 
「脚ほそっっ!」お試しセット好評販売中!
       ↓↓↓

http://www.ashiyase.jp/special/ashihoso/1005/index.html




スポンサーサイト

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://refeatkawagoe2009.blog88.fc2.com/tb.php/1464-fe42eb19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。